読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Anonymous Function

tmaesaka の lifelog | カルチャー、ときどきテクノロジー

ネタバレのない「シン・ゴジラ」の感想

少し出遅れて、シン・ゴジラMX4D で見てきました。とても面白かったです。大事なシーンで職場がやたら出てきてテンションが上がりました。

shin-godzilla

見終わってからレビューをいろいろ読んでみると、この作品には賛否両論があるようです。特に CG に対する突っ込みが目立ちます。庵野監督が狙ったのかは解りませんが、古き好き日本の特撮と現代の融合と考えると、むしろ独特の良い味が出ていて素晴らしいと自分は思いました。少なくとも英語に比べるとまったく気になりません。

そう、自分はどちらかというと英語の方が気になりました。石原さとみさんは多分、普段ならもっと綺麗に発音することが出来ると思うのですが、「英語で演技」という不慣れな無理ゲーによって、本来の能力が出せなかった感がありました。見ていて劇場版サイコパスを思い出しました。

庵野ワールド全開のシン・ゴジラは自信をもって人に勧めることができる良いエンターテイメントでした。MX4D は凄いけど疲れるので、次回は標準スクリーンで見ます。