読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Anonymous Function

tmaesaka の lifelog | カルチャー、ときどきテクノロジー

次世代 CDN の Fastly に入社しました

Fastly (ファストリー) というサンフランシスコ発のテクノロジー企業に Software Engineer として入社しました。

きっかけ

プライベートの事情で、アメリカ移住へのパスがあるテクノロジー企業を探していました。とはいえ、パスがあれば何でも良いというわけではないので、いろんな会社と話をしました。電子メールでやりとりするよりも実際に会って話した方が効率的なので、サンフランシスコに行って、面接やオフィス訪問をするなどしました。Fastly のオフィスにはそのとき初めてお邪魔しました。

追記: サンフランシスコに引越しました

求めたもの

細かいことはさておき、下記のハイレベルな条件にこだわりました。

  • 普遍的で根本的な課題に取り組んでいること
  • 技術的優位性のあるプロダクトを開発していること
  • 経営層がハッカー思考であること

サンフランシスコ・ベイエリアで成長しているスタートアップは基本的に上記の条件を満たしているので、気にしすぎかもと後から思いました。

決断まで

最終的に Fastly のオファーを選んだ大きな理由は、創業者たちからタイムゾーンなんかどうでもええ、一緒にハックしようぜと言われたことです。最近だと珍しいメンタリティです。他にも理由はありますが、この意気投合感が大きな理由です。

Fastly の技術について

今回は宣伝記事ではないので、手短に紹介します。

Fastly で出来ることは色々ありますが、例えばアプリケーションから Fastly の Web API を叩くことで、世界中の POP (配信拠点) から cache を一瞬で purge できます。サラっと書きましたが、これって従来の CDN の常識をすでに覆しています。静的オブジェクトに限らず、動的なアプリケーションを丸ごと CDN の裏に配置することも可能だからです。POP の挙動は VCL (Varnish の設定言語) を使って操作できます。

フレッシュな気分

そもそも CDN の作り方や、ネットワークの最適化など、よく解らないことばかりです。ポジティブに考えると技術者として成長する絶好のチャンスなので、初心にもどってがむしゃらに頑張りたいと思います。久しぶりにフレッシュな気分です。

今後ともよろしくお願いします。

関連リンク