Anonymous Function

tmaesaka の lifelog | カルチャー、ときどきテクノロジー

HipChat でコードを書く・貼る

fizzbuzz

Slack が勢いを増し続けている今日この頃ですが、今日は HipChat の話をしましょう。

ここ数年、仕事上のコミュニケーションは HipChat で行ってきました。理由は技術職以外の仲間でも楽に導入できることと、いまでこそ珍しくもないですが、あらゆる OS やデバイス上でネイティブクライエントを提供している点です。

ここまでは組織面の話で、実際の業務レベルにおいては、WebHook が充実している点が嬉しい。あらゆる仕事関連の「出来事」を一箇所に集約して、もれなく認識できることはとてもありがたい。ソフトウェア開発に携わる人たちから言わせてみれば、遥か昔から行ってきた「IRC + bot」運用と変わらないわけですが、それを誰でも導入・使えるようになったのは素晴らしい。

さて、本題ですが、今日 @tokuhirom の Tweet で、/code という slash command を知りました。このコマンドを使うと、なんと syntax ハイライト付きでコードをチャットルームに貼れます。これは地味に嬉しい。いままでは、コードで意思疎通をしたいときは GitHub の範囲選択済みリンクを使っていたけど、簡単な例なら /code を使うのもアリだなと思いました。

もちろん、投稿したコードは HipChat の DB に永続的に保存されるので、知られたくないセンシティブなコードは GitHub (あるいは同等のもの) に直接リンクしましょう。